ワンピースネタバレ1120話|クローバーもDの一族!エメトの「あれ」発動!?

ワンピース1120話ネタバレ

2024年7月16日発売の週刊少年ジャンプ33号に掲載される『ONE PIECE』1120話のネタバレと考察をご紹介します。

ワンピースネタバレ1120話

ワンピース1120話のネタバレ情報をお伝えします。

ワンピースネタバレ1120話①クローバーの過去と秘密

ワンピース1120話のタイトルは”アトラス“です。

物語は26年前のパンクハザードの回想から始まります。

パンクハザードは緑豊かな森とヤシの木に囲まれていました。そこでベガパンクとクローバー博士が出会います。

クローバーは空白の100年の研究を手伝ってほしいとベガパンクに頼みますが、ベガパンクは政府側の立場から断ります。クローバーは、自分の兄が”D”の名を持っていたことと、目の前で殺されたことを涙ながらに話し、自分の本当の名がクラボン・D・クローバーであることを明かします。

しかし、ベガパンクは再び協力を拒否します。

ワンピースネタバレ1120話②アトラスVSナス寿郎

現在に戻り、ベガパンクの放送が続きます。「歴史は勝者によって書かれる。敗者の声は埋もれてしまうが、多くの犠牲の末に真実を見つけた」と語ります。

ラボフェーズではゾロとジンベエがサニー号に乗って出発しようとしていますが、ナス寿郎聖が攻撃してきます。

リリスはそれを止めようとしますが、アトラスが現れて彼女を気絶させます。

ヨークはリリスの信号が消えたことを五老星に報告します。

ナス寿郎聖が戻ってきたところで、アトラスが彼を捕まえ、その隙にサニー号はバースト技で飛び立ちます。

ワンピースネタバレ1120話③エメトとジョイボーイの再会

場面はエッグヘッド海岸に移り、エメトがルフィに「また会えて嬉しい、ジョイボーイ」と語りかけます。

ルフィは混乱しながらも、エメトが自分に話しかけていると気付きます。

エメトは「お前の敵は俺の敵だ。また共に戦えて嬉しい」と続けます。

しかしエメトは老いていて攻撃ができず、ピーター聖がエメトの腕を噛みちぎります。

さらにサターン聖も加勢し、エメトは絶体絶命の状況に陥ります。

ワンピースネタバレ1120話④いざって時とエメトの決意

場面が変わり、アトラスがナス寿郎聖に吹き飛ばされますが、ナス寿郎聖も大きなダメージを受けます。

ベガパンクの放送は続き、「研究にもっと時間があればよかったが、すでに止められない者たちがいる。ゴール・D・ロジャーの偉業はまだ生き続けている」と話します。

サニー号はエルバフ船に接近しますが、アトラスの信号は途絶えます。ヨークは自分が唯一のベガパンクだと宣言しますが、五老星は「まだステラが残っている」と言い、放送を止めようと急ぎます。

エメトは「これが君の言っていた『いざって時』か。今こそその時だ」と決意を固めます。

最後に、インペルダウンの囚人たちがロジャーの名前に”D”が入っていることに驚くシーンで物語は次回に続きます。

ワンピースネタバレ11120話|次回は休載?発売日はいつ?

ワンピース1120話は、2024年7月16日発売の週刊少年ジャンプ33号に掲載されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!